武蔵境ダイアリー

メディカルフィットネスクラブ武蔵境/ヴァリュウスイミングスクール

体の柔軟性は大切にしましょう。

皆さん、こんにちは!

 

メディカルフィットネスクラブ武蔵境の神谷です。

 

体を動かす機会が減ると、関節のこわばりや柔軟性の低下が起こります。

 

関節は不思議なもので、動かさなければ動きにくくなっていきます。

 

一方、少しずつでも動く範囲の中でしっかりと動かすと、徐々に動きが滑らかになっていきます。

 

関節の柔軟性の低下は、関節だけの問題ではなく、その関節を動かすために働く筋肉の柔軟性も関係しています。

 

ですから、筋肉を伸ばし、伸縮できる範囲を増やすことは体の柔軟性を向上させることにつながります。

 

もう一つ、筋肉が伸縮できる範囲が小さくなる(短くなる)ということは、少し細かい視点で見ると、筋肉の中での血流の滞りが起こりやすくなるということでもあります。

 

筋肉は伸びたり縮んだりすることでエネルギーを使い、新しい酸素を得ることができます。

 

「伸びる長さが小さくなる=筋肉の柔軟性が低下している」と言えます。

 

これを放っておくと、必要な栄養を必要な量だけ筋肉に送ることができなくなってしまいます。

 

筋肉はタンパク質が主成分ですから、食事などから摂取したタンパク質が分解・吸収され、筋肉にしっかりと届けられるようにすることが大切です。

 

栄養の受け取り場所の環境を整えるとも言えそうですね。

 

そんなわけで、柔軟性をしっかりと確保するためにおすすめの健康スクールを開講しています。

peraichi.com

無料体験会を行っています。

 

こちらのリンクからお申込みいただけますので、「柔軟性を改善して動きやすく元気な体を保ちたい」という方は、一度体験してみてはいかがでしょうか?

 

加圧ウェアを活用した加圧トレーニングも一緒に行います。

 

姿勢の悪化が気になる方はこちらをご覧ください。

週1回2か月で姿勢を改善するスクールです。

 

【身体と心を整えて、健やかな毎日を手に入れる】
女性限定ピラティス 

peraichi.com