武蔵境ダイアリー

メディカルフィットネスクラブ武蔵境/ヴァリュウスイミングスクール

早歩き

こんにちは。スタッフの森田です。

 

普段だらだら歩いてしまっていたり、歩いていてもあまり疲れない、

まだまだ余裕があると感じている方に運動不足解消のための

おススメ情報をお伝えします!

 

それは・・・

 

「今よりも少し早く歩く」です!

 

え?そんなこと?と思われた方、早歩きには大きなメリットがあります。

 

 歩いているとき、主にももやふくらはぎを使っています。早歩きではお尻やすね、お腹、背中の筋肉までも使うことができます。

 

しかし、ただ早く歩けば良いということではありません。

一度正しいフォームを確認しましょう。

 

・胸を張って背筋を真っすぐに伸ばす

・顎を引く

・目線は前をみる

・腕は前後にふる

・脚は付け根から前に出す

・歩幅を広くする

・膝と足先が同じように前を向ける

 

上記のようなイメージをもちながら歩いてみましょう!

 

f:id:mfcmvalue:20210303154239j:plain

 

 同じ運動でもより多くの筋肉を動かして、筋肉はもちろんのこと、心臓や肺、血管の機能を高めることにもつながります。

 

良い姿勢で歩幅を少しだけ大きくすることで、股関節をよく使うようになり、お腹周りやお尻周りのシェイプアップにも効果的です。

 

血管の病気(脳梗塞心筋梗塞)を予防するには、ウォーキングなどの有酸素運動がとても効果的です。

 

是非、積極的に取り組んでいきましょう!

 

健康づくり、身体づくり等でお困りのことがありましたらお気軽にご相談ください。

 

メディカルフィットネスクラブ武蔵境では、公式LINEのお友達募集中です。

LINE限定のお得な情報もありますので、ぜひご登録ください。

f:id:mfcmvalue:20210302153335j:plain

 

お肉

こんにちは。スタッフの森田です。

 

本日は、お肉の栄養効果についてご紹介します。

 

お肉はカロリーが高いイメージがあり、敬遠する方も少なくないかとおもいますが、

筋肉や体内のホルモン、免疫物質などを作るたんぱく質や、病気にかかりにくい体づくりに役立つアミノ酸が含まれています。

 

もちろん魚や大豆でもタンパク質は摂取できますが、お肉は鉄分などの栄養が同時にとれるので貧血予防にもなりますし、脳は20%の血液酸素を使用するため、適切な脳の血流が認知症を予防するのに役立つのです。

 

また、赤身肉に多く含まれている亜鉛はウイルスや細菌と戦う免疫が働きます。

 

普段お肉を全く食べない方も、少し意識してお肉を取り入れてみると良いですね。

f:id:mfcmvalue:20210303152644j:plain

 

 

どんなに良い食材でも摂りすぎは良くありません。バランス良く摂取していきましょう。

 

健康づくり、身体づくり等でお困りのことがありましたら気軽にご相談ください。

 

 

 

 

サイドプランク+ローリング

皆様、こんにちは。

 

メディカルフィットネスクラブ武蔵境の菊池です。

 

今回ご紹介する運動は「サイドプランク+ローリング」です。

 

身体真っ直ぐに伸ばしたままうつ伏せで静止するプランクを、横向きで行うものがサイドプランクです。腹筋や背筋全体に力を入れますが、特に横腹に効きます。

 

こちらの種目に上半身の捻り(ローリング)を加えた運動です。静止するだけではなく、動きを加えることにより、全身でバランスを取りながら動作をするトレーニングになります。

 

では動作紹介です。

 

1、横向きに寝そべります。その状態から腕と脚を支点にして身体を持ち上げます。身体が真っ直ぐになるように腹筋を使い、姿勢を維持してください。反対の腕は天井に向かって伸ばしておきます。

f:id:mfcmvalue:20210211110517p:plain

 

f:id:mfcmvalue:20210211110531p:plain

2、天井に向かって伸ばしている腕を、肘を付いている体側に向かって巻き付けます。少しゆっくり目におこなってください。同時に、目線も脇を覗き込むように動かします。この時に、身体が倒れないようにしっかりとお腹でバランスを保ってください。

f:id:mfcmvalue:20210211110916p:plain

f:id:mfcmvalue:20210211110958p:plain



3、最初の姿勢に戻ります。時間又は回数を決めて、ゆっくり丁寧に巻き込んで戻る、を繰り返しおこないます。片側が終わったら、反対側もおこないましょう。

 

以上です。

 

最初はサイドプランクの状態を維持するだけで大変な方もいるかもしれません。その場合は無理せずに、姿勢の維持だけで結構です。慣れてきたら動作を加えてみましょう。

 

ウエイトトレーニングの様に強烈な刺激があるわけではありませんが、自分の身体をコントロールする良い訓練になりますので、試してみて下さい。

 

本日は以上です。読んで頂きありがとうございました。

 

【公式SNSでもお得な情報配信中!FOLLOW ME!】

f:id:mfcmvalue:20201224101809p:plain

 

f:id:mfcmvalue:20200924111306p:plain

健康維持の為の負荷

皆様、こんにちは。

 

メディカルフィットネスクラブ武蔵境の菊池です。

 

本日は「健康維持の為の負荷」についてお話しようと思います。

 

まず、トレーニングでは過負荷の原理、漸進性の原則を基本に計画を組み立てていくことになります。

 

言葉を分解していくと、

漸進性とは「徐々に、ゆっくりと進む」

過負荷とは「電気工学用語で、許容量以上の負荷がかかること」

を意味しています。

 

要は、「ゆっくりと負荷をあげていきましょう」という事ですね。

 

ではその負荷、健康維持の為には、どれくらいが丁度いいのでしょうか?

 

健康維持の為であれば身体にとっては普段よりちょっと負荷がかかれば問題ありません。無理して限界までやる必要はなく、「キツイな」というところで辞めても良いわけです。

 

基本的に、人間の身体は受けたストレス(負荷)に対して身体を強くして対抗しようとします。

 

例えば、現在の身体のストレス(負荷)耐性の値を100だとします。

 

受けるストレスが60以下の場合、衰えていく可能あり。

受けるストレスが61~100の場合、現状維持。

受けるストレスが101~110の場合、ストレスに対抗しようと身体が成長する。

受けるストレスが111以上の場合、ストレスが強すぎて身体を損傷する可能性あり。

 

といった具合で、ストレスが無いのも過度なのも良くないわけです。

数値は例なので、ご自身の「楽だ、丁度いい、キツイ」などの感覚を大事にしてください。

 

無理して限界まで追い込むと筋肉や関節を痛める可能性が高くなります。特に、関節は一度損傷するとなかなか治りません。筋肉でちゃんと支えられる(フォームを維持できる)負荷を扱いましょう。

 

疲労がある時、元気に満ちている時、身体の状態は常に一定ではありません。回数や重量にこだわり過ぎず、自分の感覚に意識を傾けて運動してみてください。

 

つい頑張りたくなりますが、健康の為には運動も程々が良いですよ、という話でした。

 

本日は以上です。読んで頂きありがとうございました。

 

只今、公式LINEおともだち募集中です!
LINE限定のお得な情報が手に入ります!

 

f:id:mfcmvalue:20210302083909j:plain

 

「身体と心を整えるピラティス」 無料体験会のご案内 ただいまご予約受付中!

みなさま、こんにちは。スタッフの中土です。 

本日は「身体と心を整えるピラティス」の体験会開催のご案内を

いたします。

 

身体と心を整えるピラティス(受講期間:4月~6月)

2021年4月より始まる講座「身体と心を整えるピラティス」の体験会を3月に行います。※このレッスンは女性限定です。

 

ピラティスって?★

ピラティスはもともとリハビリを行うために考案されたエクササイズです。

ピラティスは姿勢を維持したり骨盤を安定したりするインナーマッスル

強化し、身体のバランスを整えます。

身体のバランスが整うと腰痛や肩こりを予防・緩和し、ゆがみも改善され

姿勢も整います。

エクササイズ中は胸式呼吸を行います。深い呼吸と共にゆっくり身体を

動かしていきます。

 

 

 ★日常生活から影響を受ける姿勢と心を調整★

仕事の疲れ、家事の疲れ、人間関係の疲れ、育児の疲れ、介護の疲れなど

私たちは様々な疲れを抱えています。

そして落ち込んでいたり、自信がなかったり、疲れた時など、自然と背を

丸めてうつむきがちになります。

そういった身体と心の疲れは姿勢に現れてきます。

そしてその姿勢が腰痛や肩こり、膝痛、冷え性、便秘などを引き起こす

原因となります。

f:id:mfcmvalue:20201214104702j:plain

ピラティスではインナーマッスルを鍛え、このような日常生活で生じる

身体のゆがみを調整していきます。

ピラティスの呼吸法で深い呼吸を導き気持ちも落ち着いてきます。

ゆったりとした呼吸と共に無理なく身体を動かすので、年齢や運動経験を

気にすることなく、どなたでもご参加いただけます。

 

 

ーレッスン内容ー

リフレックスボールにて身体をほぐす

  ※リフレックスボールとは突起のあるマッサージ用のボールです

●ストレッチ&セルフマッサージ

ピラティスにてインナーマッスルを鍛え身体のゆがみを整えます

 

ーメリットー

●身体の内側を鍛え、腰痛を改善!

●姿勢を改善して、肩こりや冷えの緩和に!

●ストレスを発散して、免疫力低下の予防!

●筋肉のコリや疲れを取りスッキリとした身体へ!

●呼吸法によりストレス解消!

●背骨を動かし、疲れにくい身体へ!

 

ーご参加されている方の感想ー

楽しくリフレッシュ&リラックス♪ あっという間の全集中1時間

レッスン終了後・・・全身がポカポカ、軽いこと!!

ルンルンでジムを後・・・なんかぁ~良い感じです。  A.O様(60歳代) 

 

先ずは身体をリラックスさせての後の体操はのびのび、心地良く出来ます。

終わって何となく体幹もしっかりした気分で元気が蘇ります。

1時間の持ち時間は充実感で満足して居ます。 K.A様(80歳代)

f:id:mfcmvalue:20210224155628j:plain

 

【体験の日程】

 火曜日コース:3月2日・9日・16日・23日

        13:30~14:30

水曜日コース:3月3日・10日・17日・24日

        10:30~11:30

【対象】

 女性限定のレッスンとなります

【費用】

 無料

【持ち物】

 動きやすい服装・水分補給ができる物・タオル・室内用シューズ

 【申込方法】

 電話にてご予約ください

  電話:0422-33-1005 メディカルフィットネスクラブ武蔵境

 

 

このレッスンでは普段私たちが生活するうえで欠かせない、姿勢を維持するための筋肉や深い呼吸を意識して行います。

年齢や運動経験に関係なくご参加いただけます。気軽に体験にお越しください。

 

 f:id:mfcmvalue:20200902111512j:plain

 

メディカルフィットネスクラブ武蔵境では、公式SNSにて情報発信中です。

【公式LINE:お友達登録をお願い致します!】

f:id:mfcmvalue:20200926103153p:plain

【公式Instagram:フォローをよろしくお願い致します!】

f:id:mfcmvalue:20200924111306p:plain

 

ブロッコリー

皆さん、こんにちは 石川です。

 

だいぶ暖かい日も増え春が少し近づいてきましたね。

本日は今が旬な野菜、ブロッコリーについてお伝えします。

 

ブロッコリーはとても栄養価が高い野菜です。

美肌や風邪予防、免疫力を高める効果など様々な効果があります。

 

新鮮なブロッコリーは全体に緑が多く、ブツブツが密集しているものを選ぶといいそうです。

 

ブロッコリーに含まれる栄養素は

ビタミンC、葉酸カリウム、クロム、食物繊維、スルフォラファンなど

ビタミンCはレモンの2倍もあるそうです。

さらに野菜には珍しく、たんぱく質も含まれております。

低カロリーの為、たくさん食べても太りにくく、栄養をたくさん摂取することが出来るので健康にはとてもいい野菜ですね!

またクロムには脂肪燃焼効果もありますので肥満予防も期待でき、

スルフォラファンには抗酸化作用や解毒作用があり身体の余分な活性酸素を排出してくれ、老化も防いでくれますので体にはうれしい事ばかりです。

 

ブロッコリーに含まれるビタミンCは水に溶けやすい性質を持っていて、ゆでると栄養素が流されて栄養素が半分になってしまいますので、電子レンジでの調理をおすすめします。

 私は、しらすブロッコリーのパスタをよく食べています。オリーブオイルと塩、胡椒をしてまぜるだけで簡単ですのでもしよかったら試してみて下さい。

 

f:id:mfcmvalue:20210222181654j:plain

 是非皆様もブロッコリーを食べて、いつまでも元気に若々しく、健康でいられるといいですね(^^♪

 健康管理、体調管理でお困り等ありましたらお気軽にスタッフまでお声がけください!

 

 

【公式SNSでもお得な情報配信中!FOLLOW ME!】

 

 

f:id:mfcmvalue:20201224101809p:plain

 

f:id:mfcmvalue:20200924111306p:plain

トゥータッチクランチ

皆様こんにちは。

 

メディカルフィットネスクラブ武蔵境の菊池です。

 

本日ご紹介する運動は「トゥータッチクランチ」です。

 

こちらは、腹直筋(特に中上部)のトレーニングに効果的な種目です。

 

腹筋のエクササイズは、内蔵を正しい位置に戻すことにも効果があります。腹部には骨がありませんので筋肉でしっかりと支えてあげる必要があります。回復も腿や背部に比べて早いです。こまめに鍛えて引き締まったお腹を作り、維持していきましょう。

 

では、動作紹介です。

 1、仰向けになり足を天井に向かって伸ばします。身体が硬い方は、真っ直ぐ伸ばさなくても大丈夫です(私も硬いので真っ直ぐは出来ません)手も天井に向かって伸ばし、頭及び首は楽にしてください。

f:id:mfcmvalue:20210211111510p:plain


2、伸ばした足先を触る意識でお腹を丸めながら上体を持ち上げていきます。触れなくても問題ありません。大事なのは腹筋をギュッと縮めることです。首は力を入れないように楽にしてください。脚の付け根を覗くようにするとやり易いです。

 

f:id:mfcmvalue:20210211111609p:plain

3、再び最初の姿勢に戻ります。腹筋が熱くなるまでおこないましょう。

以上です。

 

レーニングは健康維持の為にも大切ですが、やはり努力次第で見た目が変わるのも嬉しい要素です。冬の間にしっかりと鍛えて、薄着になる夏に備えましょう!(気が早いですかね)

 

本日は以上です。読んで頂きありがとうございました。

 

【公式SNSでもお得な情報配信中!FOLLOW ME!】

f:id:mfcmvalue:20201224101809p:plain

 

f:id:mfcmvalue:20200924111306p:plain